与論日和

13 2018 YORON BLUE. CALENDAR 月別紹介

46n 主宰のヤナギタノリオさん撮影による
2018 YORON BLUE. CALENDAR “⬜︎” のサンプルを月別に紹介します。
与論島在住のヤナギタさんは 46n ブランドのTシャツ・雑貨の制作のほか
ブログinstagram などで島の情報を発信されています。


d0335684_13252337.jpg
冬には北風が強まり、与論でも結構冷えるもの。夏場は穏やかだった海も荒れてきます。1月はそんな波浪に耐える岩の様子を、プリシアリゾートの眼前に広がる兼母海岸でとらえました。寒そう!


d0335684_13260145.jpg
2月は大金久海岸の南、シーマンズビーチにある岩のアーチで、通称タイムトンネル。引き潮の際、ここをくぐると幸せになれるとか!?


d0335684_13261170.jpg
3月は、滑走路の先をぐるりと囲む白い道。珊瑚を砕いて敷き詰めてあり、まばゆく輝いています。島内の多くの道が舗装されてゆくなか、変わらぬ風景をとどめる場所です。

d0335684_13262881.jpg
4月は、草むらを抜けると現れる白い砂浜と青い海──与論の多くの浜辺で見られる光景です。ここは皆田海岸の隣にあるフバマ。フバマとは「小さな浜」を意味し、同じ名前で呼ばれる場所が他にもあります。


d0335684_13263616.jpg
5月は鯉のぼりの泳ぐ琴平神社。同じ場所には古い御願(ウガン・拝所)を合祀した地主神社もあります。旧暦の3・8・10月15日にはここで「与論十五夜踊り」が執り行われます。


d0335684_13265662.jpg
6月は、海側から見た黒花海岸。6月の中頃から末には梅雨も明け、夏本番の強烈な日差しが降り注ぎます。空の色もぐっと鮮やかになりますね。


d0335684_13270562.jpg
7月は大金久海岸で出番を待つグラスボート。沖合1.5kmにあらわれる百合ヶ浜は、与論で最も有名な観光スポットですね。春から夏にかけて、大潮の干潮時に出現します。


d0335684_13271340.jpg
8月は沖縄本島の上にかかる大きな積乱雲。穏やかな海がその姿を映しています。与論島は鹿児島県ですが、沖縄最北端の辺戸岬からはほんの23km。目と鼻の先ほどに見えます。


d0335684_13272097.jpg
9月。与論民俗村は、島の古い生活様式を見学、体験できる私設の資料館です。かつて島の人々は、屋敷森に囲まれた、このような茅葺屋根の家に暮らしていました。


d0335684_13272926.jpg
10月です。与論空港には1日数回、鹿児島や沖縄、奄美方面からのプロペラ機が発着します。まるで飛行機が土手を散歩しているようなのどかな風景になりました。


d0335684_13274075.jpg
11月。さとうきび畑の向こうで真っ赤に燃える空です。台風の前後には、なぜかこのように鮮やかな夕焼けが見られます。コースによっては大きな被害をもたらす台風ですが、一方、恵みの雨になったり海水温を下げて海のコンディションを整える役目もあります。


d0335684_13275831.jpg
締めくくりの12月は、また兼母海岸に戻ってきました。夜明け前、ひたすらに静かな海がだんだん明るくなりまた新しい1日が始まります。


島を毎日眺めているしまんちゅだからこそ捉えることのできる風景を、
スクエアフォーマットで鮮やかに切り取った 2018 YORON BLUE. CALENDAR。
ガイドマップだけでは分かりにくい、ちょっと気になる海辺スポットを紹介した
「THE LOVELY BEACHES IN YORON」カードが1枚封入された「通常版」と、
カード全12種類に加えて選べる特製表紙のついた「コンプリートセット」の
2種類をご用意しています。


d0335684_13281081.jpg


[PR]
by yoronblue | 2017-12-04 13:48 | 与論日和
12 「のほほん与論日和」月別... >>